アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はなちゃんの人生哲学
ブログ紹介
ハンドメイドが趣味の、猫好き主婦の人生哲学(?)です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
縁起物って効く? 1
 皆さんは巷で(通販などで)売られている縁起物をどれだけお持ちでしょうか?よく広告に「宝くじの高額当選!」とか「競馬で大もうけ」とか、「希望校に受かりました」とか体験談も載っていますよね。 これは、「なんと、それはすばらしい!それでは私も・・」といくつもの縁起物へ手を出すことになった一主婦のお話です。  事の始まりは20年程前に遡ります。まだ独身だった私は当時とても好きな男性がいました。今まで何人の人を好きになったでしょう。とにかくうまくいったことが一度もありませんでした。 「こんどこそは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/01 20:11
なぜ嫁入りなのか?
「どうして、女のほうが男の家へ嫁入りするんですか?」 という質問にある人が、 「男は種で、女は畑で、芽をだすには畑に種を蒔かなくてはいけません。畑が先か種が先かというと、種が先だからです。」(記憶が間違っていたらごめんなさい。でも何かこのような内容でした。)と、ちょっと納得のいかない答えを出していました。それとか、 「男のほうが女より、魂にパワーがあるからです。」のような事も言っていらっしゃいました。私はこの話をしていた人が嫌いではありません。むしろ、尊敬しているぐらいです。でも、嫁入りや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 22:10
今時の田舎事情 2
ピーポー ピーポー・・・今日も救急車が行く。前の国道を大体一日に1〜2回ほど救急車が走る。人口はウチから県境までおそらく5千人ぐらいのものだろう。それなのに毎日毎日、町の中心の病院に向かって救急車が走るという事は何を表しているのか。当然の事ながら、高齢者がいかに多いかという事であろう。私は以前N市に住んでいたことがあるが、都心にもかかわらず毎日救急車が走るという事は無かったように思う。周りを見渡してみれば隣にも老人が、ウラの家にも老人が、道端で声が聞こえるのも老人である。若い人はその老人を看る長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 11:49
私の嫁舅姑戦争 第1話
私が結婚に踏み切ったのは、当時付き合っていた彼との間に、子供が出来たからであった。付き合いを始めて半年程経ったころ、妊娠している事に気付いたのである。それまで、自分の身に結婚というモノがふりかかるなんて、夢にも思わなかった。そういう訳なので、相手の両親や、家の事などほとんど考える事がなかったのである。彼は一人っ子であったので両親は驚きもあったみたいだが、それより孫ができるという喜びのほうが、やや大きかったみたいだ。私を快く迎え入れてくれた。面識も無い人が義父母になる事に少々不安はあったが、嫁ぐ先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/25 20:28
最近の出来事
最近で一番大きな出来事といえば、私の実家が競売にかかりついに売れてしまった事だ。12月の中ごろに売れてしまい、2月の中ごろには明け渡さなくてはいけない。この家は私が高2のときに建ったもので、18歳で家を出た私は1年半程しか暮らしてないが、ちょこちょこ帰って来ていたので、付き合い自体は20年以上になる。(歳がばれた?)新年をこの家で迎えるのは今年が最後であった。 しかし、皆が集まった正月は、そんな事をこれっぽちも思わすような雰囲気は無かった。おそらく皆実感が無かったのだろう。それは私も一緒であっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/23 21:28
昨日の金スマを見て
昨日の金スマに出ていた、嫁姑問題の話。何じゃこりゃ!これは私の事か?と思うほど良く似たケースだった。長男と結婚して当然のように相手方の家の家業を手伝わされるのであるが、そこで嫁いびりが始まる。旦那に相談するが自分の親には逆らえない。たまりかねて子供を連れて実家へ帰ってしまい、何年も姑達とは断絶状態・・・。に、似てる!私も「私の言う事が聞けなかったら、ウチから出ていけ」と姑に言われ、実家の近くへ子供を連れて戻ってきたのであった。まあ違うのはその後どうなったかというところで、私の場合は親の肩を持ちな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 12:23
今時の田舎事情
「都会は人間関係が希薄で、隣の人がどんな人かも判らない。近所付き合いも人情が無い。」 などと寂しい気持ちになって、 「その点田舎はいいよな〜」 なんて思っている人います?そんな人は是非読んで欲しいと思います。 私は高齢化の進んだ農村に住んでいますが、比較的若い人もちょこちょこ住んでいます。でもそれは親と同居している長男夫婦ぐらいで、若い核家族はまず居ません。その希少な核家族である我が家は、朝洗濯モノを干して仕事や買い物に出かけます。そしてよくあることですが、雨が降ってきたとします。 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 20:06
今日のこおすけ
ヘルメットをかぶって帰ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 15:16

月別リンク

はなちゃんの人生哲学/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる